婚約指輪を渡す

1990年代の派手婚の影響と不況のあおりを受けて2000年代前半は地味婚が流行しました。
結婚式を行わなかったり、行っても規模の小さいものにしたりする以外にも、結婚式の費用を少しでも減らしてその分を新居の購入費用や先々のための貯金をしたりという堅実な選択をする人が増えました。
最近はウエディング業界が地味婚の流れを打破するために、自由度の高い結婚式を打ち出しています。
式の中で行いたい演出を取り入れたり、ドレスの持ち込みができたりすることで、新郎新婦も人とは違うオリジナリティのある結婚式を行おうという流れが出てきています。
それと合わせて、一生に一度のことだからこそきちんと昔から行われてきた形式的なことを大切にしたいと考えるカップルも増えています。

結婚することを決めると、プロポーズをして婚約期間を経て結婚式を挙げます。
婚約期間というのは結婚のように何か書類を書くわけでも名字が変わるわけでもないため、位置的に微妙なものです。
そのため、二人が結婚を決めたということを両親や親族、友人に伝える機会を持ったり、婚約指輪を渡すことで婚約期間を思い出深いものにしようと考えるのが一般的です。
そこで、ここでは婚約期間中のメインイベントとなる婚約指輪の用意の方法や渡すタイミングについて紹介をしていきます。
二人にとって思い出深い婚約期間とするには事前準備が大切ですから準備や渡すタイミングについてしっかりと確認しておきましょう。