婚約指輪の基本知識

男性の中には婚約指輪と結婚指輪の違いをきちんと理解できていない人も多いものです。
婚約指輪はプロポーズの記念に男性から女性に贈る指輪です。
一般的にはメインストーンにダイヤモンドがあしらわれて装飾されているものが多いです。
それに対して結婚指輪は新郎新婦が結婚式で交換する指輪です。
こちらは普段から左手の薬指に身につけていることが多いですし、男性とお揃いで身につけるためにシンプルなデザインのものが多いです。
婚約指輪は給料3か月分と言われてきましたが、さいきんでは20万円から40万円が相場とされています。
それに対し、結婚指輪がペアで20万円から25万円が相場とされています。

結婚指輪や婚約指輪には女性の憧れがありますから、事前にどのようなものが欲しいかのリサーチはしておくことが大切です。
立て爪のデザインの婚約指輪が欲しいとか、婚約指輪も結婚指輪も〇〇の指輪をつけるのが憧れなど、強い思い入れがあると、思っていたものと異なるものを受け取ったら喜んでもらえないこともあります。
女性も事前に男性にある程度指輪の希望を伝えておくことが必要ですし、男性もウエディング雑誌を見たり下見のためにジュエリーショップに出向いて好みを探っておくのも大切です。

婚約指輪作成

婚約指輪を購入することを決めたらすぐに購入できて渡すことができると思われがちですが、実はそうではないのです。
贈りたい指輪が店舗になければ取り寄せてもらわなければならないですし、刻印をしたい場合にはデザインの発注から出来上がるまで待つ期間が必要です。
人気店によっては取り寄せも時間がかかってしまいますから、早めの方が望ましいです。
結婚式が近くなるとその準備でどんどん忙しくなります。
特に3ヶ月を切るとかなり慌ただしくなっていきます。
週末のたびに結婚式場に出向いて式の打ち合わせを行ったり、新居の準備の時間が必要となるため、休日はほとんど潰れてしまいます。
ですから購入するのは式の準備が本格化するまでに行うことが望ましいです。
また、婚約指輪は結婚式で結婚指輪を渡すまでの期間に身につけるものですから早めに渡せるのが望ましいです。
可能であればプロポーズの際に婚約指輪を渡せると、婚約指輪を身につける期間も長くなりますし、思い出深いプロポーズを演出することができます。

最近では、ブランドアクセサリーショップで婚約指輪を購入するのと同じくらいの価格でオーダーの婚約指輪を作ることができます。
早ければ1か月で仕上がりますから、プロポーズや結婚式までに時間がある場合にはオーダーの指輪を作成するのもおすすめです。

婚約指輪を渡す

1990年代の派手婚の影響と不況のあおりを受けて2000年代前半は地味婚が流行しました。
結婚式を行わなかったり、行っても規模の小さいものにしたりする以外にも、結婚式の費用を少しでも減らしてその分を新居の購入費用や先々のための貯金をしたりという堅実な選択をする人が増えました。
最近はウエディング業界が地味婚の流れを打破するために、自由度の高い結婚式を打ち出しています。
式の中で行いたい演出を取り入れたり、ドレスの持ち込みができたりすることで、新郎新婦も人とは違うオリジナリティのある結婚式を行おうという流れが出てきています。
それと合わせて、一生に一度のことだからこそきちんと昔から行われてきた形式的なことを大切にしたいと考えるカップルも増えています。

結婚することを決めると、プロポーズをして婚約期間を経て結婚式を挙げます。
婚約期間というのは結婚のように何か書類を書くわけでも名字が変わるわけでもないため、位置的に微妙なものです。
そのため、二人が結婚を決めたということを両親や親族、友人に伝える機会を持ったり、婚約指輪を渡すことで婚約期間を思い出深いものにしようと考えるのが一般的です。
そこで、ここでは婚約期間中のメインイベントとなる婚約指輪の用意の方法や渡すタイミングについて紹介をしていきます。
二人にとって思い出深い婚約期間とするには事前準備が大切ですから準備や渡すタイミングについてしっかりと確認しておきましょう。